読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲートボールをしていた男性を死亡させた事件


顔をなぐって死亡させたってどれだけ殴ったんだろう。

年を重ねてから犯罪者になるってどうゆう気持ち?その時に家族は?被害者側も犯罪者側もどちらの家族の気持ちを考えてもつらい。

年をとってカっとなって殴ってしまったわけではないと思う。
もしかして今までだってそういったことがあったのかも。

人に手なんてあげたことがないから、自分には人を殴るっていう感覚だったりそういった衝動にかられることが分からない。


分かりたくもないけれど。

人には気持ちを伝える術がある。言葉にして相手に分かってもらえなかったら、何度も説明して落ち着いて伝えるということ。


相手が死んでしまったらそれさえもできないもどかしさ。

年を重ねた犯罪者の方はこれから刑務所にはいることになるだろう。今まで生きてきた中でのこと、いっぱい考えるんだろうな。


死んでおわびっていうのも絶対違うと思うし、平均寿命を考えてもあと何年健在されるかさえ分からないけれど、確実な一歩一歩を歩まれることを切に願うばかりである。