読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトレット

一昔前から流行っているアウトレット。
通路も広くて家族連れにも優しいし、場所によってはお弁当が食べられる場所であったり、フードコートもあって結構1日過ごして楽しめる。

そんなアウトレットだけれど、今回またさらに増えるとのこと。
場所はビックリ、大昔行ったことのあるスペースワールド

確か宇宙のテーマパークかなんかだったけれど、ちょっと前に魚が氷づけにされたスケートリンクで話題になったよね。

結局、それが最後の立て直しでがんばってダメだったのか閉園になった。
どんなふうにアウトレットになるか楽しみだけれど、既存の施設をちょっとは使ったりするのだろうか。

あんな大きな施設だから、きっといろいろはいるんだろうな。

にしても、買い物!!ってちょっと遠すぎていけないな。

AKB昭和生まれはいない

こじはるが卒業して、昭和生まれはもういないんだって。
そりゃ平成になってから、すでに29年経つわけだから、それもそうだよな。

神7の1人だったんだっけ?

最近では午前中の情報番組なんかでみるようになって、これからどうゆう路線でがんばる子なのかって思う。

AKBって個人的にあまりよく知らないけれど、卒業したらみんなバラバラになるから、しっかりとした意思や目標がないと芸能界ではやっていけないよね。


こじはるは確かものすごくスタイルもよくて、写真集なんかも出してた気がするから、そちらの方面で活躍するのかな。

お芝居もするんだっけ?やっぱりよく知らないや。

肌が白くてきれいな子だから、個人的には化粧品メーカーとかで大きく活躍できるんじゃないかなって思う。


卒業おめでとう!そしてがんばって。

ゲートボールをしていた男性を死亡させた事件


顔をなぐって死亡させたってどれだけ殴ったんだろう。

年を重ねてから犯罪者になるってどうゆう気持ち?その時に家族は?被害者側も犯罪者側もどちらの家族の気持ちを考えてもつらい。

年をとってカっとなって殴ってしまったわけではないと思う。
もしかして今までだってそういったことがあったのかも。

人に手なんてあげたことがないから、自分には人を殴るっていう感覚だったりそういった衝動にかられることが分からない。


分かりたくもないけれど。

人には気持ちを伝える術がある。言葉にして相手に分かってもらえなかったら、何度も説明して落ち着いて伝えるということ。


相手が死んでしまったらそれさえもできないもどかしさ。

年を重ねた犯罪者の方はこれから刑務所にはいることになるだろう。今まで生きてきた中でのこと、いっぱい考えるんだろうな。


死んでおわびっていうのも絶対違うと思うし、平均寿命を考えてもあと何年健在されるかさえ分からないけれど、確実な一歩一歩を歩まれることを切に願うばかりである。

将来への迷い

幼少期からピアノを習って、絶対音感とはほど遠いけれど音感はそれなりについたんだと思う。

音楽のテストで90点以上は固かったし、必ず成績は5をもらっていた。文化祭ではピアノ伴奏を担当して、卒業式でも弾かせてもらってたくさんの思い出ができた。

ショパンコンクールにも出てはと勧められた事もあってもしかしたら将来はピアニストになれたらなんて勘違いをしたこともあった。

進路を決める時、音大へ行こうなんて思ったこともあったけれど、ものすごくお金がいるのだと知った。そして何より先輩たちの何人かが音大に進む中でプロとして活躍している人はいなかった。

そんな現実から自分は音楽で将来食べていくという自信もなかった。

あの時、迷いもなかったといえばウソになるけれど、その後の就職で少しでも音楽に携わることができて良かったと思う。

好きな事が仕事になれば素晴らしいことだし、それは素敵なことだと思う。しかし理想と現実は違う。

何が正しかったなんて言えないけれど、進むべき進路に迷うことこそが大切なんじゃないかなとふと思うことがある。